SPECIAL

特集

トップ
   
特集
   
菅平夏季強化合宿・練習試合ショートレポート

菅平夏季強化合宿・練習試合ショートレポート

2013/08/22

「菅平夏季強化合宿・練習試合」

【第1戦】
8月17日(土)・長野県菅平高原サニアパークメインG
〇 帝京大学A 47-24 明治大学A● (スコア詳細はこちら
 
恒例の菅平高原夏合宿を通し、2013年度シーズンへの準備を進める帝京ラグビー部。

夏合宿、練習マッチ・第1戦は明治を迎えることとなった。この試合、帝京は久々の練習試合とあって序盤こそやや動きの固さが目に付いたが、徐々にFW・BKともに真価を発揮し始め着実にゲイン。セットプレーから一気に攻め込む。

まず11分。ラインアウトからFLマルジーン→FL杉永とつなぎ先制!

16分にはアップテンポなつなぎからCTB権が加点。その後も素早い仕掛けから権、No8李がスコアし、26対5で折り返すこととなった。

 
勝負の後半戦。だが帝京は長いシーズンに備え、メンバーを一気にフルチェンジ。しかしながら、ラインアウトを起点に2トライを追加。 後半30分には、相手ゴール前スクラムを押し込んで認定トライを奪取。47対24で第1戦を勝利で飾った。



【第2戦】
8月21日(水)・長野県菅平高原サニアパークメインG
○ 帝京大学A 35-0 慶應義塾大学A● (スコア詳細はこちら
 
第2戦の相手は、こちらも対抗戦のライバル・慶應義塾大学。

帝京はキックオフ直後から、合宿の成果を徐々に披露する。

まずFWで圧力をかける。スクラム戦で優位に立ち、モール・ブレイクダウンでも一歩ずつ前進をはかる。

BKに展開してもSO中村を中心とした攻撃で2トライを叩き出し、 守っても相手アタックをシャットアウト。14対0で折り返すこととなった。

 
後半に入ると慶應大も得意のBK攻撃でアタックを試みるが、それでも帝京は慌てることなく対応。

第1戦同様に大幅にメンバーを入れ替えるも、戦力を低下させることなくゲームを巧みに展開。

1年生7名も躍動、26分にはLO飯野が勝負を決めるトライを奪い、35対0で第2戦を勝利した。

 

特集一覧