SPECIAL

スペシャル

トップ
   
スペシャル一覧
   
2020/1/2【 第57回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 準々決勝 】vs早稲田大学 監督・主将インタビュー

2020/1/2【 第57回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 準々決勝 】vs早稲田大学 監督・主将インタビュー

2021/01/10

【 第57回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 準決勝 早稲田大学戦 監督・主将インタビュー】

■岩出雅之監督
「スコア通りの敗戦です。これはきちんと受け止めたいと思います。学生はしっかりとしたゲーム運びをしてくれたと思います。ただ、モールのところでもう少し抵抗できていれば、という思いはあります。若干、コミュニケーション不足で、ディフェンスのところでの精度が足りなかったという思いもあります。最後の最後まで、逆転してくれることを信じて見ていましたが、力及ばず、とても残念です。学生たちには、ここまで頑張ってきたことを称えたいと思いますし、早稲田大学さんの決勝戦での健闘を祈っております。
今シーズンは、新型コロナの影響でさまざまな面でイレギュラーなことばかりでした。そんな中、学生たちはよくやってくれました。勝負は相手との関係がありますので、今日はあと一歩、及びませんでしたが、この試合からも多くの学びがありましたので、来シーズン以降に活かしていきたいと思います。
4年生たちは新たなステージで、3年生以下は新チームで、この経験を糧としていってほしいと思います。最後になりましたが、さまざまなことが起こった今シーズンを最後までサポートしてくださった方々に、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。」


■キャプテン・松本健留(4年)
「試合については、自分たちが1年間積み上げてきたものが、いい部分も悪い部分もすべて出たと感じています。ただ、やり切った部分、やってきたことを出し切った部分も数多くあったので、悔いはありません。負けてしまったことはとても残念で、悔しい思いは強いのですが、人生はここで終わりではなく、次のステージがあるので、そこに向かってしっかりと前を向いて頑張っていきたいと思っています。試合に出たメンバーのみんなは、チームを代表して体を張って頑張ってくれました。そのことへの感謝と、僕が出られない分までと言って頑張ってくれたチームメイトもいたので、彼らへの感謝と労いの気持ちで、試合後の彼らを出迎えました。
今シーズンは、特に春は思うように活動ができず、難しいシーズンでしたが、夏にチーム活動を再開し、秋に対抗戦が始まると徐々にチームは力をつけていって、一戦一戦、自分たちの成長を感じられたシーズンでした。もっともっとチームは成長できたと思うので、ここで敗れてしまったのは、その意味でもとても残念です。負けたということは、自分たちに足りないものがあったということなので、後輩たちにはそこを突き詰めてほしいと思っています。逆にこの1年でチームがよくなった部分、強みになった部分もあるので、そこはさらに伸ばしてほしいと思います。
自分にとってこの4年間はいいことばかりではなく、ケガも多くて、正直、とても苦しんだ4年間でした。ただ、この4年間の経験を経たことで、人としてすごく成長させてもらえたと感じています。後輩たちには、先ほど言ったように、足りなかった部分を見つめて、そして来年こそは優勝してほしいと思っています。」

スペシャル一覧